最近のキーワード

2006年07月12日

キミならどう書く 2.0

ROUND2の問題 がでていた。 あとROUND1の投票も開始したようだ。
自分が書いた JavaScript/ SML/ Ruby 版は、いずれも落選。

素数の次はCollatz問題。なんか数論の問題が連続している… ちょっとやる気を失くした。どんな言語で実装するにせよ、そのまま定義を実装したのではつまらなそう。dynamic programming(特にmemoize)はありきたりだろう。実際、すでに解答もされているし、googleで調べればいっぱいでてくる。さて、なるべくユニークなアプローチをとりたいのだけど…

ひとまず、rubyのmathn.rbの素数生成コードの改善として提案したほうが良いだろうかとも考えたが、速度の点から考えれば拡張ライブラリで対応するよなぁ…

posted by ttate at 01:57| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラム言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。