最近のキーワード

2006年12月12日

RubyにおけるDSLとAnnotation(アノテーション)

今年始めから半ばに書いたものだが、 ということを考えた時期があった。 このあたりのプロトタイプと現在の考え、さらに、Martin FowlerのRubyAnnotations(あまり多くは書いてないけど)などを参考に考えと実装(時間があれば)を洗練させてみようかと思った。 もう一つ考えたいのは、ruby-dl, rjb, ruby-python などの共通フレームワークの話。両方とも本当に実装できるのか怪しい。そもそも、そんなことを考えている時間があるのかも怪しい。
posted by ttate at 02:14| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Ruby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。